【FF14】黎明秘話 第2話「メルウィブの罪」が公開

キャラクターたちの思いなどを綴った黎明秘話の第2話が公開されています。

第2話は「メルウィブ・ブルーフィスウィン」のお話。

ウ・ガマロ武装鉱山で行われた和平交渉が成功裏に終わり、長年対立してきたリムサ・ロミンサとコボルド族の間に和議が結ばれた。
その大事を成し遂げ、提督室へと戻ってきたメルウィブ・ブルーフィスウィンは、愛銃の手入れをしながら、ふと初めてこの二丁の銃を撃ったときのことを思い返した。

遡ること第六星暦1562年。

当時、リムサ・ロミンサでは、クリスタル輸送中の商船がサハギン族に襲撃される事件が頻発していた。
クリスタルは産業の要である。その流通が止まれば、海都の溶鉱炉から火は消え、職人たちは槌を置かざるを得ない。
この危機に対し、ひとりの大海賊が立ち上がる。有力海賊、シルバーサンド一家の前首領「ブルーフィス」だ。彼は数年前に首領の座を、娘であるメルウィブに譲っていたが、未だ大きな影響力を保持しており、娘たちに洋上の警戒に当たるよう号令を発したのだった。
仁義に厚い父を敬愛していたメルウィブは、その命を受け、連日のようにロータノ海に船を出した。

そんなある日、・・・

https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/special/tales_from_the_twilight/

続は公式サイトでぜひ!

スポンサーリンク

PR

FF14 コラボ記念 収納BOX付 Samsung 990 PRO ヒートシンクモデル
2TB ・4TB

FF14-総合

Posted by 熊長老